カテゴリー
思ったこと

死にたいの対処法

例えばネット検索をする「死にたい 対処法」「死にたい 辛い」。死にたい時の常套手段ですよね。そこで「死なない方法」「自分を嫌いにならない方法」を見つけてひとときの安心を手に入れる。精神科医が教えるとかが枕についているとより安心感が増しますよね。ネットなんて誰が書いたかわからない情報の奔流なので、少しでも安心できる材料が欲しいわけじゃないですかみんな。

なんていう死にたい時の一連のルーティンって本当にあるあるで、自分もめっちゃやってました。僕も死にたい人だったから。そして今でも死にたいと思うことはよくある。

ただ、死にたいと思って辛い気持ち抱えてる人人、本当に死にたい?あなたは本当に死にたいの?よく考えてみてくださいよ。死にたいっていうのは何か嫌なことがあって、そこから逃げたり隠れたり、またはある種根本的な解決方法としての死ぬを意識してるんですよね。ならば答えは簡単で、死んだら解決なんですよ。

なのに検索するって矛盾以外の何者でもなくて、それって死にたいんじゃなくて死にたくないんですよ。死にたいと思ったけど、死ぬのが怖くて死にたくないから検索する。死ぬ以外の方法探してるんでしょ?

ぶっちゃけ死んだら楽なんですよ。全部完全に解決するから。天国も地獄もないし、きっと意識も無くなって終わり。あらゆる嫌なことから全て解放される。超楽ですよね。

でも死にたくないでしょ。本当は死にたくないから辛い思いしてるんですよ。あなたは。

まずわかって欲しいのは、あなたは死にたいという明確な気持ちを持ちながら死にたくないとも思っている。辛いのはこの二律背反な気持ちが軋轢を起こしているから。死にたいあなたは死にたくもないんだ。まずそれを理解して欲しいと思う。

自分の気持ちを理解する。これって余裕ある時だとうまく行くんだけど、余裕ない時はなかなか難しくなりますよね。だからこそ、一旦外からの力でもいいから、自分の状態を知る方に意識を向けて欲しい。自分でもどうしようもない気持ちの流れに支配されることもあるんだけど、一度自分を自分から話してあげる。

きっかけは誰かの言葉かもしれないし、紙に書いて壁に貼っておく事でもいいし、このブログかもしれない。とにかく一つのきっかけを用意すれはいい。余裕ある時に、事前に用意できていれば大したものです。自分を救うのは本当に多分自分なんです。自分を自分から救ってあげれたら、それ自身が自分をまた救ってくれる。

自分を救える人であることを自覚することで、自分は不要な人間ではないと、無力でもないと、そう感じる一歩になるんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です